美しいと感じること

合理的なカタチをした物に美しいと感じることが多い。 それは、無駄な部分が無いということと、 そのカタチに納得させる根拠があるから。 それとは反対に、 一見無意味に見えるものが美しいと感じることもある。 ここにも何か根拠があるのだろうか? 前者には知性を感じ、後者には感性を感じる。 両方併せ持った物が秀でたデザインといえ、そういうモノを造りたい。
前へトップページ次へ | SF | 2003/4/16