マレーシアのある医療施設

TV番組でマレーシアのある医療施設のことが放送されていました。 そこでは、テナント形式に、1つの建物に内科、外科、眼科…等の 多数の開業医が集まり、同じ専門分野の医師同士競合することで 総合病院と同等、もしくは、それ以上の質とサービスを提供しているとのことでした。 これは、病院としての機能を満足させるべく形成された組織ではなく、 結果として高品質な総合病院としての機能を果たす、未来的な共同体である。 日本にも同じようなものが不十分な形で存在するが、そこに競争は無く、 コンビニ的な発想によるものである。
前へトップページ次へ | MW | 2003/4/21