"間"

意図的につくられた空間や認識するに容易な空間以上に、そこに赴くまでの "間"に魅力を感じます。用途的には意味を持たない部分であったり、 単なる通路でしかないものも多いのですが、この"間"のはかり方によって 限られた空間に無限の広がりと心地よい緊張感や期待感が生まれます。
前へトップページ次へ | MW | 2003/5/14