送風機のファン

電車の送風機のファンのデザインで非常に良く考えられているなと感じたものがある。 風向きをコントロールするのには、ファンの角度が変化するものがよく見うけられる。 それは、円形の枠内にルーバーの角度が固定されている。その円形の枠が回転する ことで、風向きがコントロールされている。 こうすれば、風を四方におくることができる。 ファンの角度が変化するものに比べて、故障もしにくい。何より、風をおくるのに機構が 単純なところが好きだ。洗練されているわけではないが、合理的なデザインである
前へトップページ次へ | KS | 2003/5/ 1