アジサイも

傘が重たい季節になってきました。梅雨どきの花といえばアジサイですが、 アジサイは小花が集まり、花の玉になるので手毬花ともいうそうです。 大きな花に見えますが、繊細さや可愛いらしさを感じるのは、 小さな花が集まって大きなヴォリュームをつくっているからでしょう。 表面の繰り返しの効果によってヴォリュームに新しいニュアンスを与えるというのは、 ファッションの世界などではよく使われている方法だと思います。 ある建築家が「表面とヴォリュームと空間の間には、お互いに振り子のような関係がある」 と言っていました。 アジサイも雨の中、表面の繰り返しの効果によって美しいヴォリュームを見せてくれます。
前へトップページ次へ | MK | 2003/6/12