「酸素」に癒しを求める人が増えてきています。 酸素がなければ人は生きていけませんが、癒しを求める人は、 空気よりも高濃度の酸素を必要としています。 「酸素バー」と呼ばれる店内ではカクテルの代わりに、容器に香りつきの溶液が入れられ、 客はチューブを通して鼻から酸素を吸引するというものです。 疲労やダイエットに効果があるようですが、医学的な効果を証明するものではないそうです。 吸引後、お客は「元気が出た。」と帰っていきます。 こうした新たな「癒」の出現は、満ち足りた過剰飽和な現代都市において、 大切な何かが欠落していることを象徴しているように思えます。
前へトップページ次へ | TI | 2003/6/10