集合住宅パーティーデー

59%のフランス人にとって「理想の隣人は優しい言葉を交せる人」だとか。 とはいえ集合住宅での隣人関係は「口うるさい」「騒音をたてる」などマイナスイメージ。 そんな中ミニパーティーでコミュニケーションを深めようという「集合住宅パーティーデー」が 広がりをみせているようです。4年目の今年この運動は欧州15都市におよび参加者は300万人 にのぼったそうです。発祥の地はパリ17区。建物の中庭で路地で即席のテーブルを並べ子供から 老人までが大集合、音楽に合わせて踊ったり、共通の話題をみつけて会話が弾んだりと親睦効果はまずまず。 17区にある協会ではパーティの成功術やポスターなど公開しているようです。 このような運動 日本でも広がるでしょうか?
前へトップページ次へ | DS | 2003/7/19