北京の街角

北京の街角にいま目立つのがびっくりデザインの彫刻たち。 2008年北京オリンピックにむけて街の美化のために彫刻が置かれはじめ、 メインストリートでも続々と彫刻展が開かれています。共産党の伝統では、 アートは人々の啓蒙に貢献すべきもの。だから彫刻展のテーマも 「環境保護」「西部大開発」など政府キャンペーンそのもの。 彫刻を眺め、人々が学ぶのを目標としているのですが・・・ 街には何を学ぶのかわからないシュールな作品も。 彫刻事情を網羅する政府のホームページも立ち上がる予定で 2008年には彫刻がズラリ連なる街に変身するはず?
前へトップページ次へ | DS | 2003/7/12