大阪・谷町六丁目

明治・大正期からという土壁の長屋や町家が連なる大阪・谷町六丁目。 最近、この界隈に楓ギャラリー、アトリエ・ウーム等のギャラリーや インテリア、雑貨を取り扱うインディーなショップが増え、多彩なジャンルの アーティストの才能に、高密度でコンタクトできる街へと変貌しています。 また現在、作家の制作風景を公開してギャラリー化するというアトリエの集合体 <アトリエ・ミュージアム>も計画中。近い将来、谷六が大阪の新たな情報や文化の 発信地となる日が来るかもしれません。
前へトップページ次へ | MW | 2003/8/25