グラフィックデザイナー田中一光さん

40年以上にわたって日本のデザイン界を牽引し2002年に急逝した グラフィックデザイナー田中一光の仕事を振りかえる展覧会が東京現代美術館 で開かれています。展覧会場は、海の中のように静かに並ぶペットボトルの壁と ブルーのストライプの床が広がる。ペットボトルに当てられた照明が床や壁に波のような模様を描く。 水など一滴もないのに海の中を漂っている感覚が味わえる。それは伝統的な日本の美に 鋭い洞察を示しながらその一方でいつも新しいものを探求した田中一光のデザインが持つ 現代性の象徴でもあるように思えます。
前へトップページ次へ | DS | 2003/8/19