パビリオン建築

涼しく、日が長い、我々から言えば天国のような気候のロンドンの夏。 そのロンドンにあるサーペンタインギャラリーの庭に、 今年もパビリオン建築が登場しています。 今回はモダニズムの巨匠オスカー・ニーマイヤー(ブラジル)の作品で、 「女体にインスパイアされた」という、曲線の美しい建築です。 中にはカフェがあるほか、巨匠のインタビューの上映、8月末までは、 毎金曜は22時までオープンし、各種の建築トークも行われています。 この夏ロンドンに行くのならイチオシのスポットです。
前へトップページ次へ | MW | 2003/8/ 4