日本でもコンビニで

市民ホールの開館を知らせる新聞記事で、市民ホールが建築としてではなく 施設として紹介され、設計者の名前さえも登場しない記事を読んでいると 少し寂しくなります。「ぴあ」とか「hanako」といった情報誌で、建築に主役の座が 廻ってくることはまずありません。フィンランドでは公共建築の設計競技の内容が 一面に出ると聞きました。イタリアでは建築デザイン誌の「DOMUS」が 駅のキヨスクに並んでいます。日本でもコンビニで「少年ジャンプ」の隣に、 「新建築」が並ぶ日が来るかもしれません。
前へトップページ次へ | MK | 2003/10/30