2003年11月アーカイブ

[ 「奥」 ]
小さな空間を考えるとき「奥」ということが頭に浮かびます。 特に日本人は常に「奥」を想定してきたと思います。 「奥」という概念を設置することによって比較的狭小の空...
続きを読む | MK | 2003/11/27
[ 長屋 ]
先日、大阪の谷町に行ってきました。谷町には大阪でも有数の長屋が残存し、 鉄板や墨モルタルの外壁の素材感や、スチール面格子の奇妙な装飾、 所々のこっているウダツ、...
続きを読む | TI | 2003/11/25
[ E1027 ]
事務所の打合せ室にアイリーン・グレイのテーブル「E1027」があります。 シンプルなのに刺激的に感じられるのは、最初にガラスの天板を宙に浮かせたい という強い...
続きを読む | DS | 2003/11/22
[ テレビ ]
テレビを見ているときには3メートルぐらいの距離でかなり輝度の高い 画面を眺めることになります。テレビが一般家庭に入ってきて人々の視覚は 感性のレベルで大きく変...
続きを読む | MK | 2003/11/20
[ アルネ・ヤコブセン ]
コマーシャルでも一般に名前が浸透している建築家アルネ・ヤコブセン。 彼は建築家としてだけでなくインダストリアルデザイナーとしても かなりの成功を おさめ...
続きを読む | TI | 2003/11/18
[ フォルコシュレイトの斎場 ]
最近気になる建築にハンガリーの建築家イムレ・マコヴェツの「フォルコシュレイトの斎場」があります。 肋骨を思わせるリブ状の梁が作る陰影は、まるで何か巨大な生物の体...
続きを読む | DS | 2003/11/15
[ エットーレ・ソットサス ]
ショーウィンドウに、エットーレ・ソットサスのオリベッティのタイプライターが 飾ってありました。かつて、ソットサスは一方で企業のインダストリアル・デザインを 手が...
続きを読む | MK | 2003/11/13
[ テリトリー ]
人と人との間にはある可変的な領域(テリトリー)が、お互いの関係の中で生じています。 そこには見えない曖昧な境界が存在し、恋人同士ならばお互いの距離は接近し、 テ...
続きを読む | TI | 2003/11/11
[ 建築とランドスケープの在り方 ]
21世紀に入って3年、世界の建築はイズムで表現されることは少なくなったが あるひとつの方向へは確実に向かっているといえます。 それは建築とランドスケープの在り方...
続きを読む | DS | 2003/11/ 8
[ 盆栽 ]
小さいアパートの錆びた鉄骨の階段などに盆栽が置いてあると、 日本人の潜在的な住環境の理想を垣間見るような気がします。 昔から金銭的に余裕のある人もそうでない人も...
続きを読む | MK | 2003/11/ 6
[ 熱海 ]
私が興味をもったまちに熱海があります。 「熱海」と聞くと温泉や観光、旅行といったイメージがあります。 確かに海に面して立ち並ぶホテルや旅館群のつくり出す風景は休...
続きを読む | TI | 2003/11/ 4
[ 川俣正さん ]
好きなアーティストの一人に川俣正という人がいます。 都市景観を一変させる廃材を組上げたバラックのような仮設構築物を都市に挿入し、 異次元を出現させる大胆な試みを...
続きを読む | DS | 2003/11/ 1