長屋

先日、大阪の谷町に行ってきました。谷町には大阪でも有数の長屋が残存し、 鉄板や墨モルタルの外壁の素材感や、スチール面格子の奇妙な装飾、 所々のこっているウダツ、住人が通を占有して植木。独特なまちの表情は 京都の町家やよくある下町の長屋とは趣きが異なります。混沌としたまち並みは 上町台地の地形によって 様々なところで路地がつながり、さらに複雑で個性的な 魅力を出しています。 こうした古い長屋やお寺に目をつけ改装したカフェやショップが 相次いでオープンしています。 カフェやショップ、ギャラリーへの転用による リノベーションのみならず、本来の住宅としてパワフルなリノベーションが 行われていってほしいものです。
前へトップページ次へ | TI | 2003/11/25