建築とランドスケープの在り方

21世紀に入って3年、世界の建築はイズムで表現されることは少なくなったが あるひとつの方向へは確実に向かっているといえます。 それは建築とランドスケープの在り方です。 サステイナブルデザインがその解答ですが、これは省エネ、リサイクル、ゼロエミッション エコロジーなど多数のテーマを含んでいます。建築にとってこれらの諸問題をクリアしていくには ランドスケープすなはち地球と密接な関係になっていくのが望ましく、 ドミニク・ペローの「フランス国立図書館」や安藤忠雄の「夢舞台」などは好例であります。
前へトップページ次へ | DS | 2003/11/ 8