パームスプリングク

LAからほど近くに砂漠の中のオアシスの街パームスプリングクがあります。 20世紀初頭から50年代にかけて砂漠のリゾートとして人気を誇ったが その後やや廃れた時代がありました、かえってそれが街の変容を防ぎ フランクロイドライトが手がけた建築などが数多く残在することで80年代後半 から再び脚光を浴びるようになりました。灰色の大地に真っ青な空、 そこにコントラスト強く浮かび上がるパームツリーのシルエットが究極のミスマッチな ランドスケープを演出しています。
前へトップページ次へ | DS | 2004/2/14