草間彌生さん

無限の増殖を意味する無数の水玉や延々と続く鏡の部屋。 自らの幻視体験をもとに制作される草間彌生の表現は、 生きる為の表現に他ならない。「私は生存を止めることもできないし、 また死から逃れることもできない。」かつて彼女はそう述べたことがあります。 我々の視点に変革を促す彼女の世界。静かで過激な視覚の変革者に思えます。
前へトップページ次へ | DS | 2004/2/28