道具

近代より、一般家庭で使われる日常品にデザインが進出し、 アートとして認識されるものも、多く使われるようになったと思います。 しかしその中で、人が使ってはじめて力を発揮する道具は、 人の存在がなくともただそれだけで美しく、 中には完璧すぎるものもあります。 それはそれでいいものですが、日本ではそこに 「かわいさ」などの透きを作りたがる傾向がある様です。 これから考えていくべき要素の1つかもしれません。
前へトップページ次へ | YT | 2004/2/27