信頼関係

私たちは、仕事柄、評価は最終的なものでしかない。 当然いくら、良いものだと思っていても、オーナーがそう思わなければ、 スムーズには進まない。だから最大限の説明をする。 しかし、いくら能力のある人でも、すべてのコンセプトや空間を 理解することは出来ない。 理解できないことを拒絶するのか。 信じて受け入れるのか。そこで重要なのが信頼関係。 理想は、封印している感情を理論的に表現すること。 お互い詩人のように豊かに語ることができれば、 信頼関係も図面も必要ない。
前へトップページ次へ | TS | 2004/2/10