猪熊弦一郎美術館

好きな建築のひとつに猪熊弦一郎美術館があります。 敷地にはいくつかの候補があったそうですが猪熊氏はJR丸亀駅前のこの場所を選びました。 近くには商店街もある庶民的な土地柄であり、買い物の行き帰りに気軽に立ち寄ってほしい そんな想いから全国では珍しい立地の美術館が生まれたそうです。その目論み通り駅を出ると 駅前広場からすでに美術館の雰囲気が漂います。その広場から見える美術館のファサードは 高さ16メートルの箱を背景にした大きなステージのようです。アートを守る箱でもあり、人を誘う箱でもあります。
前へトップページ次へ | DS | 2004/3/27