ドナルド・ジャッド

工業素材や建築をモチーフとした幾何学的な作品で知られるミリマリズムの 最重要人物ドナルド・ジャッド。美術批判も行っていたジャットは美術界のシステムに 嫌気がさし70年代にはメキシコに広大な土地を購入。撤収される事なく半永久的に 存在するアート作品を展示。風雨にさらされる場所もアーティストにとっては理想郷のようです。
前へトップページ次へ | DS | 2004/3/19