船底

船舶の船底(船殻センコクというそうです)はどのように設計され造られるのか、 時折そう思うことがあります。 最近は造船技術を取り入れた建築がさらに増えてとりあげられています。 鉄の平板だけで屋根を構成するのは建築では大変なものです。 造船ではそれを三次元曲面で製作し、なおかつ水の上に悠々と浮かせています。 またその曲面が合理的で自然の力学からつくり出されます。 そこには無駄を一切排除した形態が生まれ、自然な美しい曲線が見出されます。 そうした造船の技術やデザインには参考にすべき点が多くあるようです。
前へトップページ次へ | TI | 2004/3/ 9