屋根

屋根は建築の構成要素の中で最も基本的で不可欠なものです。 屋根を建築の外皮としてみたときその連続性が都市風景を形成します。 またその形態、色、素材は気候風土のなかで多様に変化し特有の形態を もちます。 豪雪地域に行けば陸屋根型は一般に不利であり急勾配の屋根が選択されることとなる。 レンガが主材料となる地域では、ボールトやドーム型の建築となります。 直線の面で構成された陸屋根の建物は 気候風土や歴史の文脈を絶った単純化の象徴です。
前へトップページ次へ | TI | 2004/4/ 4