スカイライト

アルヴァ・アアルトのスカイライトは魅力的です。 非常に深いスカイライトになっていて、直射日光が入ってこないようになっています。 スカイライトの立ち上がりが深いのでその筒の中で光が反射して、 その拡散した光が下の空間に落ちてくるようになっています。 方向のない光、影のない光です。 直射日光が入ってこないから影の部分と明るい部分のコントラストが非常にやわらくて、 家具の陰などもぼんやりとしかつかない。 ぼんやりとしかつかない影は、なぜか空気全体をパ-ンと張り詰めたものにし、 からだ全体になにか浮遊感のようなものを与えるように思えます。
前へトップページ次へ | MK | 2004/4/ 1