アプローチ

アプローチの印象は建物そのものの印象になると言っていい。 特に神社や寺のアプローチには目的地へ気持ちを高揚させる効果があります。 風景と一体となった参道は、土地の傾斜形状に 沿って上り、時には折れ曲がりながら奥へと続きます。 さらに川や門(ゲート)などの結界を通過することでヒエラルキーを高めています。 短いながらも構成として魅力的なのが京都の大谷本廟のアプローチ。 石のアーチ橋→川→上昇スロープ→緩やかな斜め階段→門→緩やかな斜め階段→廟と連続し 絶妙なアプローチ構成をしています。
前へトップページ次へ | TI | 2004/5/18