かにかまぼこ、イクラ風いくら、養殖魚・・・養殖魚を別にしたとしてもフェイクといわれる 食材が世に多く流通しすぎています。「何とか風」いわゆるフェイクはもう実物と区別が つかないくらいまでになってきています。食材だけでなくあらゆる身の回りのものが天然の素材から石油、 化学製品にとりかこまれています。もちろん建材も同様にフェイク素材に侵食されています。 木調のスチールサッシュやプリントされた合板、壁紙。 その素材には素材のもっているダイナミックさ、質感は伝わってきません。
前へトップページ次へ | TI | 2004/8/12