静けさに満ちたホワイトキューブで見るアートもいいですが 日差しの下で思いがけずアートに出会ったときの驚きも格別です。 日本でもこんな開放的な興奮が味わえる場所があるようです。 3年ごとに芸術祭が開かれる新潟県越後妻有地区。会期意外の時期も 水田や森の川岸にたくさんの現代アートが設置されのんびりした 里山の風景を変えているようです。
前へトップページ次へ | DS | 2004/8/ 7