2004年9月アーカイブ

[ ]
注目が続く北欧デザインですが それには機能美が備わっている。 意匠が優先というのでもなく機能に終始 するのでもなく、 メクト社のサラダサーバーのように 使ってみ...
続きを読む | TI | 2004/9/28
[ ]
特に近年彫刻作品に力を入れているマンジョロッティー。 製作過程は建築やデザインと同様にスケッチをして図面を書き 模型を製作、それを素材に合わせて職人に作ってもら...
続きを読む | DS | 2004/9/25
[ ]
雑誌をみているとランドスケープ=造園の意味合いで 捉えられているような気がします。 枠組みのなかで 植栽を植え、石を敷き、建物の補助的または補足的なもの。 R...
続きを読む | TI | 2004/9/21
[ ]
グランドハイアット東京に設けられた杉本貴志氏による木の教会は、 空間全体がトップライトの光に向かって高く細く絞られ、人々を包みながら 一つにまとめる力があります...
続きを読む | DS | 2004/9/18
[ ]
最近海外のEVを集めた雑誌を見る機会があったのですが、 日本のEVのデザインとの差は明らかです。 EV空間は目的地への動線としてではなく、応接的な空間として 捉...
続きを読む | TI | 2004/9/15
[ ]
木の教会は植物の芳しい匂いとともに記憶の旅に立たせる。 「世界は一本の茎から生まれる花弁のようなものだ」とハンガリーの建築家 イムレ・マコヴェッツが語ったことが...
続きを読む | DS | 2004/9/11
[ ]
昨日の巨大な台風は威圧な風をもたらしました。 最大瞬間風速60mをこえる風は並大抵ではありません。 都市部では想定されない風圧は大きな混乱と被害をもたらしまし...
続きを読む | TI | 2004/9/ 7
[ ]
木の教会に共通するのは構造そのものが隠されることなく 美に連結していることだと思います。人間の身体のなかの静けさや キリストが昇天する森の神々しさを伝えるのは装...
続きを読む | DS | 2004/9/ 4