最近海外のEVを集めた雑誌を見る機会があったのですが、 日本のEVのデザインとの差は明らかです。 EV空間は目的地への動線としてではなく、応接的な空間として 捉えられています。 数十秒の間ですが、狭間な室内に閉じ込められると 異様に空間と人の関係は密接になり EVのイメージはオフィスビル等の イメージを先入させます。 しかし日本の味気ないプラスチックのボタンパネルは、なんとかならないものでしょうか。
前へトップページ次へ | TI | 2004/9/15