騒音、臭害などについては生活者から問題視されることが多い。 公害として認められ社会的規制もありますが、光の害については まだまだ意識が薄いようです。 斜線制限や日影に対する日照の問題は 配慮はありますが人工照明による考えが 都市生活者には希薄のようです。 航空障害灯、道路照明、非常灯などを除き、 ○出スーパーとかいった深夜を 問わずチカチカと目もくらむような光害を発するものが多くなっています。 そうした人工照明に対して都市生活者が光環境に対する志向性を持つ必要があります。
前へトップページ次へ | TI | 2004/12/23