「良い写真を観ると、空間を感じます。」 と、学生の頃にゼミの教授から聞き、共感できずに、経験を積めば感じるのかと、思っていた。 しかし、ある日、気に入った本の写真をカメラで撮ると、「撮る」という行為が、擬似体験に繋がり、空間を感じることができた。 その空間があの空間なのかは、本人に確かめられてはいないが、大きな間違いではないだろう。 共感しない方は、試してみてはいかがでしょう。
前へトップページ次へ | YK | 2005/1/27