2005年2月アーカイブ

[ ]
建築における機能は寸法と密接に結びついている。 たとえば、住宅における天井の高さはおおよそどんな家でも似たようなものだろう。住宅という機能に対して 常識的な ...
続きを読む | AO | 2005/2/28
[ ]
仕事柄、MB(メータボックス)の寸法を測ろうとして、自宅のMBを開けると、 無くしたと思っていた傘が2本でてきた。 以前、乾かすために廊下に出していた傘だが、...
続きを読む | YK | 2005/2/24
[ ]
現代日本の照明ランプの主流はやはり蛍光灯です。 コンビニの拡散された強烈な昼白の行灯、光環境としては痛ましい列車の車内灯、 集合住宅の無機質な共用廊下の列灯、...
続きを読む | TI | 2005/2/22
[ ]
奈良県桜井市の山間にたたずむ長谷寺は「花の寺」として有名で、四季を通じて境内から 絶景を楽しむことができる。 なかでも魅力的なのが仁王門から本堂へつづく登廊で...
続きを読む | AO | 2005/2/19
[ ]
日本全国、城跡をよく見かけます。城跡の使われ方としては、様々ですが、 中でも印象的な城跡が、福井城です。  福井城跡には、県庁と県警が建っており、蛍光灯の明か...
続きを読む | YK | 2005/2/17
[ ]
実存する建築は何らかの環境と絡みあって始めて成立します。 そのひとつにゲニウス・ロキがあります. ゲニウス・ロキとは古代ローマ人が取り憑かれた観念で、 ゲニウ...
続きを読む | TI | 2005/2/16
[ ]
多くの人が、魅力的な景観として歴史的な町並みを挙げるのではないだろうか。ヨーロッパであれ、日本であれ、そこに魅力を感じるのは、永年風雨に耐えた建物からよみとれ...
続きを読む | AO | 2005/2/12
[ ]
友人の結婚式が最近多く、引き出物が増えた。 引き出物に対して昔は、必要のないものをもらっても仕方がないと感じていたが、 実際使ってみると、結婚した友人たちを思...
続きを読む | YK | 2005/2/10
[ ]
日本で現存する最古の住宅として箱木家が良く知られています。 飛騨の山奥でもなく東北の古民家でもなく神戸市北区にあり、 室町時代に建てられたという記録が残ってい...
続きを読む | TI | 2005/2/ 8
[ ]
本を読んでいて「窓辺の場所」という言葉をみつけた。 何か素敵な響きの言葉に思えた。卑近な例えだが、 季節が秋から冬にかわるころなどは休みの昼下がりに窓辺でごろ...
続きを読む | AO | 2005/2/ 5
[ ]
商店街を歩いていると、ほぼ同じ間口で並ぶ商店をつい眺めてしまいます。 しかし、あの商店街は、連続する同じ間口の一ブロックが神社の広場に開かれており、一瞬、焦点...
続きを読む | YK | 2005/2/ 3
[ ]
最も心惹かれる陶芸家に河井寛次郎がいます。 彼は陶芸家でもあり、趣味としての彫刻家でもありました。 明治・大正・昭和と変遷しながら生まれてくる造形と技法は他に...
続きを読む | TI | 2005/2/ 1