本を読んでいて「窓辺の場所」という言葉をみつけた。 何か素敵な響きの言葉に思えた。卑近な例えだが、 季節が秋から冬にかわるころなどは休みの昼下がりに窓辺でごろごろしていたくなる。そんなごろ寝を是非してみたい場所がある。ルイス・カーン設計の フィッシャー邸リビングに開けられた窓。ベンチと棚がすえられ、傍らには暖炉まで配されている。建物をとりまく素晴らしい自然と絶妙な距離を用意してくれているその窓辺に是非一度行ってみたいと思う。
前へトップページ次へ | AO | 2005/2/ 5