私の好きな本にWallpaperやvogue紙がある。 建築とはあまり関係ないが、広告が結構おもしろい。 写真を中心とした広告の戦いは熾烈なものがあり、 それぞれのページには必ず何かのサプライズが隠れている。 しかも、その独特の世界観は力強く、見る者を引き込む。 まるで、全てが洗練されたバーやリビングのようなものである。 彼らの表現するsituationやsceneが一部の新しい建築を 生み出していることには疑いの余地はない。
前へトップページ次へ | TS | 2005/11/ 8