今回、別のスタッフが担当し、神戸市の北野3丁目に完成したばかりの集合住宅を見学した。 図面では何度か見ていたが、初めてその空間を実体験することにより、気づくこと、考えさせられる事は多い。動線やキッチンの配置、工務店の違いによるコンクリートや塗装の仕上がり、素材の加工法や異なる部材との納まり、枠周りのみ塗装をしないで素材を見せる方法、収納の位置や必要性、タイルのサイズや素材、外壁やスチール扉の塗装、スイッチやコンセントの位置、ダクトや室外機の固定方法、セキュリティや避難経路、照明器具の種類や数、プライバシーと開放性、植栽の種類やボリュームなど。 今、考え方や疑問を共有出来る人達に囲まれ、恵まれた環境にいる。
前へトップページ次へ | MY | 2006/5/24