先日、脱線事故があった尼崎のJRに乗った。一瞬だったが、事故現場と思われるマンションは、まだ一部の鉄筋が露出したままになっていたようだった。意図的なものかはわからないが、その存在は原爆ドームのように、あまりにも直接的なインパクトが強すぎる。WTCのグラウンドゼロと同様、場の持つ記憶を内包しつつ、ベクトルを先に向けた建築を建てるべきなのではないだろうか。
前へトップページ次へ | MY | 2006/5/24