今、新潟県で「越後妻有アートトリエンナーレ2006」が開催されている。 3年に一度開催される芸術祭で、今年で3回目を迎える。 越後妻有地方一帯が舞台となり、山や川、棚田、集落が点在する約760k㎡という広大な地域に、 世界中の芸術家(建築家も含む)たちの作品が点在して展示されている。著名な方々も多く出品し 非常に大規模なお祭りである。訪れる人は、ある種それらをウォークラリーのような感覚で見て周り、芸術を体感する。ランドスケープやインスタレーションの作品が多く、訪問客は老若男女を問わない。 建築家は主にその展示スペースである建物を建築(展示)している。 前回、私もこの芸術祭に訪れ、その時はジェイムズ・タレルの「光の館」に宿泊した。 興味のある方は3年に一度しかないこの芸術祭に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 □大地の芸術祭-越後妻有アートトリエンナーレ2006- 2006年7月23日(日)~9月10日(日)50日間 http://www.echigo-tsumari.jp/index.html
前へトップページ次へ | SF | 2006/7/29