久しぶりの人に会う場合、その間隔が大きいほど、話題や変化も大きくなります。何ヶ月ぶり、とか、何年後にはなど、今の状況を理解するために、時間軸を相対的に扱い、比較して、今を判断します。相関的なものを拠り所として、そのものを理解する。空間と同じです。
前へトップページ次へ | MY | 2006/8/16