橋、車、時計、飛行機、パソコン、船、メガネ、住宅、電車.... 一言にデザインと言っても、ジャンルが変われば常識も変わる。 デザインの扱い方や質、精度なども。 例えば時計のデザイン精度とダムのそれはmm以下からm以下と全く異なる。。 もちろん対象の用途、規模によるだろうが、そういう壁を越えてデザインをするとどうなるのだろうか。 住宅の快適さの質を電車へ適用する。 飛行機の流体を考慮した形状を超高層ビルに適用する。 新しいデザインの足がかりとなる。
前へトップページ次へ | RF | 2006/11/10