イサム・ノグチ庭園美術館

香川県の牟礼にあるイサム・ノグチ庭園美術館は、山々に囲まれた交通の不便な場所にある。 そこには、彼が晩年住んでいた家があり、庭や倉には彫刻が内部、外部を問わず置かれており、 その環境までも作品として位置づけることが出来る。また、そこは彼の仕事場でもあり、独特の空気が流れる。 それらはその環境によって変わり、それらはその環境の空気感を変える。 その特異な状況は、そこでしか出来ない、その場所になければならないと、場の持つ意味を知らしめる。 http://www.isamunoguchi.or.jp/gamen/home.htm
前へトップページ次へ | MY | 2006/12/12