L'ARBRESLE

ル・コルビュジェの作品を見にフランスに行く機会を得た。 まずは、ラ・トゥーレット修道院を目当てにリヨンに向った。早朝パリ シャルル・ド・ゴール空港を出て、TGV、地下鉄、郊外電車を乗り継いで、最寄り駅のL'ARBRESLEに着いたのは昼前。坂を上ること30分。ようやく敷地らしきところに到着。周囲の景色が素晴らしかった。なだらかな丘がつづき、芝の緑の中に木立と家々が点在している。TGVの車窓からもこのような風景をみた。フランス中部のごく一般的なもののようだ。自然の中に、そこに住む人が生活する最低限のものしか存在しないのだろうと思った。日本の新幹線からは見られないそんな風景が印象的だった。
前へトップページ次へ | AO | 2007/1/17