病院

知人の見舞いに病院を訪れた。 病室は窓が大きく開けられ、内装も暖色系でまとまっており、非常に明るく落ち着いた雰囲気となっていた。よくある「病室」というイメージがかなり薄まっていた。消毒くさい殺風景な病室よりも、居心地のよい落ち着いた雰囲気の病室の方が患者への影響もいいだろう。最近はこういった病院が増えてきているらしいが、患者の状態によってどのような空間が望ましいのか、いろいろな検討ができそうである。
前へトップページ次へ | RF | 2007/1/19