建築

一部の都市でバブル期のような様相を呈している。利回りが良くなるからと築間もない建物を建て替えることも行われている。このような事が行われるのは「建築」という行為が、資産運用の観点からしか評価、判断されなくなっているからである。建築の持つ文化的価値や建設に伴う環境への影響に対する配慮、都市景観を形成する一部であるという自覚などが全く欠如した行為である。 建築がマネーゲームの駒のひとつに貶められることは非常に残念である。
前へトップページ次へ | RF | 2007/1/12