映画『MY ARCHITECT』

映画『MY ARCHITECT』は、巨匠ルイス・カーンの息子が、カーンの作品を巡りながら父親の姿を求める作品である。「ソーク生物学研究所」や「バングラディッシュ国会議事堂」など、いくつものカーン建築が登場するが、非常に美しい。普段、目にする写真集や図面で感じるものとは、また違った面が見えてくる。
また、建築作品についてだけでなく、ルイス・カーンという『architect』の生き様も感じられる、非常に興味深い映画である。
(RF/07/06/8)
前へトップページ次へ | RF | 2007/6/ 8