ホテル・イル・パラッツォ

福岡の中洲に面して建つホテル・イル・パラッツォはアルド・ロッシによって
20年近く前に設計された。
敷地全体をもちあげる基壇のうえに、
列柱を積み上げたファサードをもつヴォーリュームがそびえる。
基壇によって周囲と切り離されている点、
ファサードに窓がない点から
人を寄せ付けない静けさを感じる。
周囲の屋台が溢れる喧騒とは切り離された異質な場がつくられている。
ホテルの写真集に掲載された設計者のスケッチには
基壇上の広場に人々が溢れ、そのにぎわいが街へ広がっていく様子が描かれていた。
今在るその建築からそういったにぎわいを感じることはできなかった。
前へトップページ次へ | AO | 2007/6/ 6