戦没学徒記念館

淡路にある戦没学徒記念館を訪れたことがある。
事務所としては正式に発表されていないが、故丹下健三氏設計の記念塔と資料館である。
震災をきっかけに廃墟となっているが、
25mもある慰霊塔は空に吸い込まれそうな感覚を起こさせる。
その後、代々木体育館や東京カテドラル等も訪れたのだが、東京カテドラルでは、
あまりにもその力が強すぎて、自分がつぶされそうにさえ感じた。
強い建築である。
前へトップページ次へ | MT | 2007/9/ 2