団地

高度経済成長時代に建てられた団地は、老朽化により、取り壊しの時期を迎えている。
需要に追いつくために、莫大な数の団地が作られたが、実験的に様々な試みも行われた。
スターハウスと呼ばれるタイプは、プランとしてY字型に3戸がつながっており、三角形の
中階段が中心にある。
メリットとしては、各戸の3方向に開口を作れることだが、敷地の効率が良くなく、コストや
プライバシーの問題から、当時政府はあまり進めなかった。
過去の産物となりつつある団地だが、今でも十分面白いものが出来る要素が、多々見受けられる。
前へトップページ次へ | MY | 2007/9/18