手摺のデザイン

階段の構成において、 手摺のデザインは大きな要素を占める。
ミースのチューゲンハット邸の階段室は 近代建築史上最も有名な階段室のひとつだろう。
曲面のガラス壁に囲われた室は拡散光に包まれて、 その中央にはクロム仕上げの十字柱が立つ。
なんとも絵になるシーンだ。
上階の落下防止用の手摺は中央の十字柱と同じ仕上げで 柱の中心性を強調するように配されている。
柱と手摺との取合い部は縁をきるよう見事に処理されている。
空間と一体化した秀逸な手摺のデザインだ。 
前へトップページ次へ | AO | 2007/10/31