パティーナ

無機質でない質感の本質はパティーナ(Patina)にある。
そこには人類のはるか昔の記憶が本能のように絡みつく。
人は本能的にパティーナを読み取り感じることが出来る。
水の流れや、風の流れ、日差しや、動物の足跡など、
すべてはそこに繋がる。
この普遍性をもつパティーナを意図的に組み込み、
建築で表現出来れば、寺院くらいしか建築ストックの無い
日本としても都市のインフラとしても重要なアイテムとなる。
前へトップページ次へ | TS | 2007/10/27