イエール大学

イエール大学はアメリカ東部の名門として知られる。
ニューヨークから80km程度、神戸から東海道沿いにいくと近江八幡あたりまでの距離だ。
そこには近代建築の名作がずらりと並ぶ。
カーンの出世作イエール大学アートギャラリー、遺作となったブリティッシュアートセンター、
ポール・ルドルフの建築芸術学部棟、SOMの稀観本図書館、サーリネンのホッケーリンク、
これでもかといったラインナップだ。
これら種々の建築がキャンパスを形成している。
名作と呼ばれる建築は、他の建築とまたキャンパス全体とどんな関係をもって設計されているのだろうか。 
前へトップページ次へ | AO | 2007/10/24